人気資格の一つ

赤ちゃんから、小学校に入学する前の子どもまで一緒に一日を過ごすのが保育所です。仕事の都合で日中子どもの面倒を見ることができない人や、病気や介護などといった何らかの事情により子どもの世話を依頼しなければならない親に代わって子どもの保育をするのが保育士の仕事です。最近は、結婚し、出産後も働ける仕事として保育士は人気があります。保育士になるためには、保育の勉強ができる学校、つまり大学や短大、専門学校といったところで学ぶことにより、保育士の資格を得ることができます。またある一定の条件を満たせば、国家試験を受けることができ、それに合格すれば保育士の資格を得ることができるのです。最近は資格を取る人が増えてきています。

保育士になるために、保育士の資格が取れる大学などの学校で学べば、国家試験は免除され資格を得ることができます。大学や短大などでは、保育士の資格のほかに、小学校教諭の免許や幼稚園教諭の免許も併せて取得できるところが多いのです。ですから、最初は幼稚園教諭を目指していても、進路が変わり、保育士になる人もいるので在学中に単位をとって資格を取得するようにしましょう。保育士は、ちょうど子どもがいろいろなことを吸収する時期に携わる大事な役割を果たしています。子どもの成長を見守りながら自分も成長できるとても有意義な仕事であることは間違いありません。ですから、子どもが好きな人や、子どもの面倒を見るのが好きな人に向いている仕事です。